岡山市南区新保の歯科医院すぎやまデンタルクリニック 岡山市南区新保1314‐2 ディアリオC



はじめのページに戻る


 ママ歯医者さんが「我が子の歯並びをキレイに」するためにしている事


投稿:すぎやま

スマホでニュースを見ていると、こんなタイトルのトピックスを見つけました。


ママ歯医者さんが

我が子の歯並びをキレイに」

するためにしているケア4つ

http://itmama.jp/2015/03/29/82619/



僕も4歳の息子の歯並びが気になります!下の前歯がキツキツに並んでいます。若干重なりつつもありますので、他人ごとではありません。

当院に来られるお子さんのお母さんには、咬む練習であったり、ガムであったり…機能的なトレーニングであごの成長を促すことをおススメしていますが、息子もトレーニング中です!


他の歯医者さんはどんなことをしているのだろう?と気になって早速チェックしました!!


その内容は…


(1)よく噛んで食べる

よく噛んで食べると、顎が広がりやすくなります。柔らかい食べ物を口に入れてすぐゴクン、なんてことありませんか? 前歯でかじって、奥歯ですりつぶす、といった歯の運動をスムーズに行えるように、食事内容を工夫したり、足が床に付く椅子を用意するなど環境を整えてあげましょう。

(2)ガムを噛む

顎の成長をサポートするために専用のガムを噛むことがあります。むし歯を治した場合、詰め物がとれてしまうことがあるので、一度小児歯科でチェックしてもらってからの方が安心です。

(3)むし歯を治す

歯と歯の間のむし歯を放おっておくと、隣同士の歯が自然に寄ってきて、スペースが狭くなってしまいます。また、むし歯や怪我で乳歯を抜いた場合も同様で、抜いたスペースはいつの間にか狭くなってしまいます。そうすると、そこに生える予定の永久歯がうまく生えることができません。

むし歯は早い段階で治しましょう。抜いた場合は、スペースを保つための装置がありますので、小児歯科で相談しましょう。

(4)間食の時間を決める

よく噛んで食べるにしても、食欲がなければ食べられません。それには元気に外で体を動かしたり、ダラダラとおやつを食べないといった、生活全般の見直しが必要です。夕食前に甘いお菓子を食べない、甘いジュースを飲み続けないなど、ママがチェックしてあげましょう。




…当院でも皆様にお伝えしている内容ですね。

お子さんの歯並びは生活習慣で変わります。矯正だけが歯並び改善の方法ではありません。ちょっとした歯並びの不揃いは、悪い癖をやめたり、食生活を改善したり、少しのトレーニングで改善することがあります。

もし、詳しく知りたい方はお気軽にお声掛け下さいね!




2015年4月6日(月)
<< トラブル対策!?
2015.3.20
入れ歯洗浄剤をおススメします!! >>
2015.5.1

はじめのページに戻る


すぎやまデンタルクリニック
〒700-0945 岡山県岡山市南区新保1314‐2 ディアリオC
086-259-3380

Copyright (c) Sugiyama Dental Clinic All Rights Reserved.

歯科専用ホームページ.com